HEAD ART PHOTO CONTESTのロゴマークです。

ヘッドアートフォトコンテストアカシ2017 受賞作品発表

テーマ「MAKE」

全国から集まった102点の作品の中から

一次審査を通過した作品を対象とし、9月18日に最終審査を開催。

 

グランプリ1点、準グランプリ1点、3位1点、

審査員特別賞6点、入賞30点、佳作5点が決定しました。

ヘッドアートフォトコンテスト2017グランプリ作品の画像です。松丸 知世さん、山元 小百合さん、RIKKIさんおめでとうございます。

グランプリ

松丸 知世

山本 小百合

RIKKI

メイク担当

ヘア担当

カメラ担当

development

水引を一本一本貼り付けヘッドアートを日本の高層ビルをイメージし、make(つくる)ということを表現しました。

準グランプリ

審査員特別賞(ヘアメイク賞)

濵田 祐衣

ECCアーティスト美容専門学校

ヘアメイク担当

Fish of gold

MAKEというコンテストテーマに沿って純金のような重みのあるゴールドで鯱をイメージした鱗を一枚一枚作りました。

ヘッドアートフォトコンテスト2017準グランプリ作品の画像です。
ヘッドアートフォトコンテスト2017第3位の作品の画像です。

3位

MASA

 

MAKE RAPID PROGRESS

いずれ科学が躍進し、自由に健康美を手に入れることが出来るだろう。しかしその時インテリジェンスはどうなっているのか、頭の中を覗いてみると・・

審査員特別賞(6点)

大和証券株式会社 明石支店賞

審査員特別賞(大和証券 明石支店)の作品です。

仲川 未央

ヘアメイク担当

ECCアーティスト美容専門学校

トリ

"森の中に住んでいる鳥をイメージしてヘッドとメイクを考えました

アイメイクは鳥の翼をイメージしたデザインにしました

ヘッドにも鳥の羽根をちりばめて森の中での鳥の優雅さと森の未知なかんじを表現しました"

䕃山 和芳

審査員特別賞の作品です。

Makeup & Photography担当

審査員特別賞(POLA賞)の作品です。

POLA賞

廣江 修

松村 美佳

Suzanka

Photography & Art direction担当

Makeup担当

Model

studio hALo

MATERIAL CIRCUS

Cause we are living in a material world...身近にある素材もMakeupのひとつ。

武蔵野美術大学

深深

「音もなく、ひっそりと静かであるさま」を表現する「深深(しんしん)」という日本独自の言葉の美しさから、日本に広がる雪景色をイメージして制作しました。

新田 武史

人工知能は将来どんな夢をみるのか

将来感情を持った人工知能を創造して作りました

審査員特別賞の作品です。

ヘアー担当

審査員特別賞の作品です。

細川 真由美

ヘア、メイク担当

ECCアーティスト美容専門学校

創造主

「MAKE」から、創造主というイメージが湧き、近未来的なコスチュームや惑星、宇宙の輝きなどを表現しました。

審査員特別賞の作品です。

チーム名:うちらのAKASHIかましたろ

神取 空

乾 唯奈

佐古 匠弥

カメラ担当

メイク担当

ヘアメイク担当

大阪BELéBEL美容専門学校

newcomer

生まれたままの姿で生きなければいけないとゆうルールはなく、MAKEすることで性別はつくりだせるという考えがこの作品のコンセプトです

入選 (30点)

佳作 (5点)

雪岡 茉鈴:ヘアメイク

ECCアーティスト美容専門学校

衣笠正敏

CROSS

丸山葉純:ヘアメイク・ネイルチップ・ボディペイント

みお:model

川合旅人:photo

水上正太郎:ヘアー&メイク

壽なみこ:全ジャンル

審査員評

芸術性や技術面、オリジナル性など様々な角度から審査を行いました。

クリエイティブであるか?テーマやコンセプトにそった作品であるか?などの基本的な部分から、各業界の目線での様々な角度から審査を行いました。

 

最終審査では全審査員が一堂に会し、議論を重ねて受賞者を決定しました。

大和証券様のロゴマークです。

明石支店

ゲスト審査員

普段あまり聞き慣れない「ヘッドアート」という芸術表現に、新しい芸術の分野として明石から発信していきたいという思いに賛同し、第5回目となる今回協賛をさせていただきました。

どの作品もそれぞれのテーマに沿って豊かに表現されており、個性的で素晴らしいものばかりでした。ヘアメイクを超えたヘッドアートという芸術の、斬新かつ繊細さに魅了され刺激を受けました。

これからも明石から世界に芸術文化を発信するプロジェクトとしてコンテストを広く知っていただき、またオリジナリティ溢れる作品に出会えることを楽しみにしています。

ヒロタマイ様POLA グランドオーナーの画像です。

ヒロタマイ

ゲスト審査員

POLA

グランドオーナー

明石からアートを世界へ発信したい。

そんな歯朶原さんの熱い想いに共感し、この度参加をさせて頂きました。

ただ、作品を主観で選ぶのではなく作品に込められた背景を想像し、次世代へ価値を繋いでいきたい。

そんな情熱溢れる審査の現場に、何よりも感動し、心が踊りました。

これからも力強い作品と、人とが繋がり、広まっていくこのベッドアートフォトコンテストという価値に

期待しています。

ありがとうございました。

佐藤めぐみ sato megumi nail salon hautecouture オーナーネイリスト

佐藤めぐみ

オーナーネイリスト

今回もどのような作品に出会えるかとても楽しみにしておりました。

「make」というテーマでしたが、ヘッドアートコンテストである事を理解した上で斬新な技法や細やかな手作業が加わっているアーティスティックな作品にも出会いました。

上位を選ぶのにとても悩みました。

 

顔から上のヘッド・メイクの一体感とバランス・フォトのカラーバランスに よる調整が、無駄なく表現されていた作品を上位を選ばせていただきました。

今回も学生さんの作品もプロ劣らないクオリティーの高い作品がたくさん目 に付きました。

惜しかった作品も数多く見受けられましたので是非次回もチャレンジしてみてください。

大久保啓二 okubo keiji フォトグラファー

大久保啓二

フォトグラファー

大きな可能性を秘めたヘッドアートフォトコンテスト。

 

確実にレベルが上がって来てると思います。

コンテストを始めた頃はレベルもまちまちでしたが年々一定のレベルを超えてくる作品がほとんどです。

コンテストを続けて行くことで認知された結果だと思います。

 

その中から賞を決めて行く作業は悩みます。

コンセプトを何度も読み返したり技術的な事を専門の方に質問したり、

そして選ばれた作品はどれもとても素晴らしく力強いものばかりです。

 

ヘッドアートは大きな可能性を秘めていると思っています。

その可能性はこのヘッドアートフォトコンテストを通じて益々広がっていき、

新たな可能性を繋げていきます。

来年もセンセーショナルな作品が見れるの楽しみにしています。

折尾祐希 orio yuki ond オンド アートディレクター

折尾祐希

アートディレクター

まず私はコンセプトは見ずに「感じられるものがあるか」で作品を見させていただきました。

どんなテーマ、どんなコンセプトなんだろう。興味を引く作品の中から、きっとこんなテーマやストーリーなんだろうと想像してみました。

ファーストインパクトからテーマ性、そして細部にまでこだわっているか。技術を自分の表現に変えられているか。

 

同じような似たデザインが溢れる世の中でいかに個性を、いかにオリジナリティを出せているか。一枚の写真から伝えたい事がしっかり伝わるか。それに見た人を引き止める「何か」があるか。

今回、上位作品の中からグランプリを選ぶのは大変難しかったです。

 

今年は美容寄りの作品も多く見られました。モデルの方の個性を引き出すメイクや技術だけでなく、このコンテストにはアート性が必要になります。タブーとされている事や自分の中にだけあるものをぶつけられるのがこのコンテストだと思います。平均点を出す必要はありません。

悩むことも楽しみながら、思うがまま、感じるがままに表現をしてみてください。

次回も楽しみにしております。ありがとうございました。

歯朶原 諭子 shidahara satoko high shock ヘアメイクアップアーティスト

歯朶原諭子

ヘアメイクアップ

アーティスト

【審査委員長 総評】

今年も明石にレベルの高い作品が集まり、とても嬉しく思います。

入選した作品の中でも上位の作品は、独創的で洗練されていて、とても力強いビジュアルだったため審査員の点数が高かったように思います。

しかし、コンセプトがしっかりとした作品が少ないのは残念に思いました。

 

ヘッドアートという、新たな芸術方法なので、ヘアメイク作品というより“頭部をどれだけ斬新にデザインするか”というところに重きを置いて審査致しました。

素材、配色、バランス、本当に面白く審査はかなり時間を要しましたが、様々なジャンルの審査員の視点で今回のような結果になりました。

 

中でも学生さんの作品がプロに負けず、クオリティを上げていることに毎年驚かされます。

素晴らしいヘッドアート作品のご応募ありがとうございました。

来年も楽しみにしております。

TOP

Copyright © ヘッドアートプロジェクトチーム All rights reserved

サイト内のすべての画像・文章などの無断転載・転用をお断りいたします。